がん罹患後の就労について

昨年12月の本会議で「がんになっても安心して暮らせる社会の構築について」質問しました。がん罹患後の就労、あわせて学業も現場においての理解が必要です。