平成最後の大田原市屋台まつり

平成の時代が10日と、残り少なくなった4月21日、大田原市の中心地街で屋台まつりが開催されました。
年番町となった「志も町」を中心となって、滞りなくまつりが開催されました。
御前10時に、大田原神社に集合した屋台9台は、大田原神社の宮司に厳かにお祓いを受け、開会式の会場となる「大田原トコトコ」前までお囃子を奏でながら流し歩いた。大田原市長の祝辞に始まった開会式には、
今年新調された屋台祭りの立派な看板が御披露目され開会式にも花を添えた。