農林水産省に対し、大田原市における圃場整備事業の予算確保要望

伊藤副大臣、西川農林水産戦略調査会長には、圃場整備事業の予算拡大について努力していく旨のお話をいただきました。

(やな和生)
1月27日に、津久井富雄大田原市長、池田忠栃木県議会議員が来訪され、農林水産省に対し、大田原市における圃場整備事業の予算確保等に関する要望を実施されました。
当日は、伊東良孝副大臣にお時間を頂き、現在、市が推進している7地区の土地改良事業について、農業のさらなる振興に不可欠であり、地方創生の取り組みにおいても主要な事業として位置付けている旨をお話しさせて頂き、予算の確保を要望致しました。

圃場整備事業予算要望に西川農林水産戦略調査会長・伊東農林水産副大臣、末松農村振興局長等を訪問して参りました。大田原市では、現在7地区約900ha の圃場整備事業計画を醸成中であり、しっかりと推進して参ります。